抜け毛の原因はどこにあるのか

最近、朝起きたら枕に髪の毛があることが多い・・・
お風呂の排水溝の髪の毛の詰まりが以前より早い気がする・・・

このように感じたら、あなたの抜け毛はもう始まっているかもしれません。

抜け毛は1日に約100本もあるといわれています。
毎日100本抜けたら1ヵ月で3万本。

これだけ抜けたらすぐに薄毛になってしまいそうですが、抜けるのと同じくらい
新しい髪の毛も作られるので普通は髪の毛の量は変わらないんですね。

髪の毛は誰しも必ず抜ける構造になっていますが、冒頭にも書いたように、
明らかに抜け毛の量が多いと感じたら脱毛症の可能性があります。

髪の毛には成長期→退行期→休止期といったサイクルがあり、
このサイクルが乱れることによって抜け毛が増えて、
新しい髪の毛の成長が追い付かず、薄毛になってしまうのです。

成長期では毛根の毛乳頭にある毛母細胞によって髪の毛が作られます。
この成長期は4年前後といわれています。

退行期では毛根の退化が始まります。期間は約2週間です。

休止期に入ると毛根は完全に退化し、髪の毛が抜けていきます。
休止期は約3ヶ月と言われています。

この3つの期間のバランスが大事なのです。

このバランスが崩れて、成長期が短くなったり
休止期が長くなったりすると薄毛になるのです。

遺伝、ストレス、食生活や生活習慣の乱れ、飲酒、喫煙など脱毛症には様々な原因があります。
それぞれの原因に合わせた治療をすることが需要になってきます。

シャッター優先AE